前へ
次へ

債務整理の方法を考えましょう

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の手続きがあります。
一般的には任意整理のことを指す場合が多いようです。
債務整理と言うと裁判所が関与するとか自己破産手続きを想像しがちですが、任意整理が主な方法です。
任意整理は主に弁護士や司法書士などの法律家が債務者にかわり債権者と交渉することを言います。
目的は将来の利息を少なくしたり、返済方法を返済可能な金額に分割するなどの和解契約を締結することで生活しながら返済できるようにすることです。
つまり支払いを楽にする手続きです。
任意整理では利息制限法の上限利率を超える利息の契約があるとき利息制限法による計算しなおす、いわゆる過払い金請求も含まれる場合が多いようです。
将来の利息を少ない金額にすることは可能である場合が多いですが、元金の減額ができることは難しい交渉となりますし法律家の腕が試されるところです。
このように、任意整理という債務整理の方法は、裁判所が関与することがない債務者と債権者の和解契約ですので、手続きは他の方法に比べ手軽な方法と言えるでしょう。

Page Top